メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MGC STORY

鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

北海道マラソンで、笑顔でトロフィーを持つ1位の鈴木亜由子=札幌市中央区で2018年8月26日、貝塚太一撮影

鈴木亜由子(27)=日本郵政グループ

 昨秋のある日、監督について鈴木に聞くと、真面目な彼女が笑いながら冗談めかした。「今までのどの監督よりも、言い方が悪いけど、一番面倒くさい人」。「監督」とは所属先の日本郵政グループの高橋昌彦監督。鈴木は高橋監督の情熱ときめ細かな強化プランの下、日本を代表する女性ランナーへと成長した。

 かつて「天才少女」と呼ばれた。愛知県豊橋市の豊城中時代、バスケット部に所属しながら2年生で全日本中…

この記事は有料記事です。

残り910文字(全文1120文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  5. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです