メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MGC イチおし

福士加代子が現役最強 衝撃的だった2002年釜山アジア大会

2019年の名古屋ウィメンズマラソンでMGC出場権を獲得し、笑顔を見せる福士加代子=ナゴヤドームで2019年3月10日、大西岳彦撮影

 日本の女子長距離選手で、一番強いのは誰か。過去にさかのぼればさまざまな名前が挙がるだろうが、今も活躍する選手の中では、福士加代子(ワコール)だと断言する。何しろ、他の選手とは経験値が桁違いだ。

 青森・五所川原工高からワコールに入社して20年目の37歳。さまざまなレースで存在感を見せてきたが、今でも衝撃的な記憶として残るのは、2002年秋に韓国・釜山で開催されたアジア大会だ。

 まだ数回しか走ったことがなかった1万メートルで、福士は30分台が狙える速いペースで果敢に引っ張った。私たち記者は「あんなに飛ばして大丈夫なのか?」と心配半分、驚き半分で見ていたが、失速する気配がない。

この記事は有料記事です。

残り982文字(全文1272文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  4. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  5. 中学生の胸を触った疑い ジャンプ連載「アクタージュ」自称原作者を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです