メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベネチア映画祭便り

審査員務めた塚本晋也監督インタビュー 海外映画祭への参加「デメリットは何も浮かばない」

塚本晋也監督=イタリア北部ベネチア・リド島で2019年9月7日午前9時36分、井上知大撮影

 7日(日本時間8日未明)に閉幕した第76回ベネチア国際映画祭で、コンペティション部門の審査員を務めた映画監督の塚本晋也さんが毎日新聞などのインタビューに応じた。塚本監督は「審査の内容に関することは、墓場まで持って行けと言われている」として、今回の審査の詳細は明かさなかったが、審査員を終えてみての感想や審査の大まかな過程、ベネチア映画祭をはじめとする国際映画祭と自身の接点などを語った。【ベネチア井上知大】

この記事は有料記事です。

残り5557文字(全文5761文字)

井上知大

2013年入社。静岡支局を経て18年から学芸部。テレビ、ラジオなど放送分野に続き、19年からは映画を担当している。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです