メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベネチア映画祭便り

審査員務めた塚本晋也監督インタビュー 海外映画祭への参加「デメリットは何も浮かばない」

塚本晋也監督=イタリア北部ベネチア・リド島で2019年9月7日午前9時36分、井上知大撮影

 7日(日本時間8日未明)に閉幕した第76回ベネチア国際映画祭で、コンペティション部門の審査員を務めた映画監督の塚本晋也さんが毎日新聞などのインタビューに応じた。塚本監督は「審査の内容に関することは、墓場まで持って行けと言われている」として、今回の審査の詳細は明かさなかったが、審査員を終えてみての感想や審査の大まかな過程、ベネチア映画祭をはじめとする国際映画祭と自身の接点などを語った。【ベネチア井上知大】

 塚本監督は、同映画祭で1997年にもコンペティション部門の審査員を務めているほか、「野火」(2014年)、「斬、」(18年)などで出品も果たしている。インタビューは最終審査を終えた翌日で、授賞式直前だった7日午前に、イタリア北部ベネチア・リド島で行われた。

 ――今回のベネチア国際映画祭、全体的な印象は?

この記事は有料記事です。

残り5404文字(全文5761文字)

井上知大

2013年入社。静岡支局を経て18年から学芸部。テレビ、ラジオなど放送分野に続き、19年からは映画を担当している。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  4. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです