メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『君が異端だった頃』『やがて満ちてくる光の』ほか

今週の新刊 

◆『君が異端だった頃』島田雅彦・著(集英社/税別1850円)

 「自伝的青春私小説」とある島田雅彦『君が異端だった頃』が面白い。「君」とは著者のことだが、これが本当なら、かなり赤裸々な告白の書だ。

 前半は大学入学まで。東京・多摩丘陵で土器発掘に勤(いそ)しんだ素朴な時代を経て、神奈川県川崎市南部の中学、高校で荒れ狂う青春に身を投じる。意外にモテなかった。それでも「必ず小説家になり、空回りと空騒ぎに終始した恥ずべき高校時代を全て書き換えてやる」意志を固めた。

 一浪後に東京外国語大ロシア語学科に入学。単身ソビエトへも行った。首猛彦の筆名で小説を書きはじめ、仕…

この記事は有料記事です。

残り1519文字(全文1804文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御嶽海が2回目の優勝 決定戦制す 大相撲秋場所

  2. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  3. 宮崎で竜巻か 車が横転、屋根も飛ぶ 5510戸が停電

  4. 新宿・歌舞伎町 ホストの街に散る命--事件記者ルポ

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです