メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

三浦 天紗子・評『孤独こそ最高の老後』松原惇子・著

「孤独」を味方にすれば、いくつになっても楽しい

◆『孤独こそ最高の老後』松原惇子・著(SB新書/税別830円)

 「自撮りおばあちゃん」で知られる西本喜美子さんは現在91歳。72歳で写真を始め、インスタグラムなどでユニークな写真を公開し、人気を博しているので、ご存じの方も多いだろう。西本さんが84歳のときに夫は他界。以後、熊本の一軒家でロボットの「pepper」くんと暮らしているらしい。評者から見て、憧れのおひとりさま老後を生きているひとりで、自分の時間を好きなだけ、好きなことに没頭していいという“最高の贅沢(ぜいたく)”を存分に味わっていらっしゃる。これも西本さんがむやみに寂しがらず、孤独を楽しんでいるからこそできること。

 一方、多くの日本人はどうかといえば、経済、健康、終活、人間関係などに「老後の不安がある」人はあらゆ…

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文904文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです