メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

東京パラリンピックまで1年 東京都盲人福祉協会会長・笹川吉彦さんと会場周辺を歩く

東京国際フォーラムで点字ブロックを確認しながら歩く笹川吉彦さん=東京都千代田区で2019年8月21日午後1時37分、藤井達也撮影

バリアフリー設備は必要だが… 手助けできる心、育てて

 東京パラリンピックまで1年を切った。共生社会を実現する契機とされるが、バリアフリーは進んでいるのか。東京都盲人福祉協会(都盲協)の会長、笹川吉彦さん(85)と競技会場の周辺を歩き、確かめた。【鈴木梢】

 東京五輪・パラリンピックの話題は増えてきたが、視覚障害がある笹川さんは釈然としていない。「チケットが発売されているのに、購入方法について説明する点字も音声案内のCDもない。どの会場でどんな競技が行われるか分からないので、周りの視覚障害者からパラリンピックの話題は上がりません。公式ホームページを開けば読み上げ機能があるといいますが、パソコンを日常的に使う視覚障害者は3割ぐらいしかいない」。誰のための大会なのか――。そんな疑問が拭えずにいる。

 障害者が安全に大会を楽しめる環境を整えるため、笹川さんは競技会場へのアクセスや会場内での情報提供に…

この記事は有料記事です。

残り2301文字(全文2700文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  2. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  5. ORICON NEWS 山口真帆、卒業後初TVでマカオ旅を満喫 タイプの男性は「自分に厳しく頑張ってる人」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです