メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

モデル・女優、知花くららさん 四谷から全てが始まった

知花くららさん

 那覇育ちなので、首都である東京って、何でもある街というイメージでした。モノもそうだし、人との出会いも。仕事だって東京に行けば何でもあると思っていたので、東京の大学に進学するのは自然な選択でした。

 東京に来て衝撃だったのは沖縄には走っていない電車の存在です。大学受験の時、父と一緒に駅のホームで待っていると、入ってきた電車が満員で、次が3分後だというので待っていると、次も混んでいる。こりゃだめだと。すし詰め状態の隙間(すきま)に入っていくじゃないですか。父が壁になって娘を守ってくれた? いや、父は私より小さいので人混みに紛れて見えなくなっちゃいました。

 春になり、アパートのある三鷹から大学のある四谷に通いました。でも電車の乗り方のルールを知らず、始発…

この記事は有料記事です。

残り1438文字(全文1766文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです