メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田中優子の江戸から見ると

もし日本が分断されていたら

 日本の敗戦後の分割統治案は周知のとおり北海道と東北地方はソ連、関東と中部地方はアメリカ、東京はアメリカ・ソ連・中国・イギリスの共同、関西地区はアメリカ・中国の共同、四国は中国、九州・中国地方はイギリスの、各統治案となっていた。もし分割統治になっていれば、その後、朝鮮戦争と同じように日本列島内部で戦争が起こり、共産圏と自由主義圏に二分されていただろう。それが70年近く続いたら、私たち日本人はどうしただろうか?

 今年8月15日の光復節におこなわれた韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領の演説の中に、2032年にソ…

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文791文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 池袋ホテル殺人 容疑者、SNSで自殺志願者募る

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです