メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポ

小さな建築をつくる「建築学生ワークショップ」 「聖地」の風土を探る

建築学生ワークショップで最優秀賞に輝いた「大輪」=島根県の出雲大社で2019年9月、永田晶子撮影

 建築を学ぶ大学生らが「聖地」とされる地域に滞在し、小さな建築を創出する「建築学生ワークショップ」(毎日新聞社など後援)が今夏、開催された。今年の舞台は「平成の大遷宮」を終えた島根の出雲大社。「唯一無二の歴史的風土を守る」をテーマに3カ月がかりで学生は制作した。

 ワークショップはNPO法人アートアンドアーキテクトフェスタが主催。2001年度から実施し、滋賀の比叡山延暦寺や三重の伊勢神宮などで開催してきた。代表理事の建築家、平沼孝啓さんは「建築の仕事は土地の歴史や地形など文脈を読むことから始まる。その道を歩み始めた学生に有意義で濃密な研さんの場を提供したい」と話す。

 今回は全国の大学生・大学院生、鳥取の米子高専生約40人が8班に分かれ、6月に現地を見学。出雲大社や…

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文1020文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  2. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  5. ORICON NEWS 山口真帆、卒業後初TVでマカオ旅を満喫 タイプの男性は「自分に厳しく頑張ってる人」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです