メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

野鳥のために

 巣箱がある木にはしごをかけ、手袋をした手で鳥が持ち込むコケなどの巣材を巣箱から取り出す。内容物を丹念に確認した後、ビニール袋に入れる。それは地道な作業の繰り返しだ。

 2011年に発生した東京電力福島第1原発の事故では、放射性物質が広い範囲に拡散した。野鳥への影響を懸念した日本野鳥の会自然保護室チーフの山本裕さん(55)は翌年1月からほぼ毎月、福島県に出…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文445文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  3. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです