メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金野昭次さん死去 72年冬季五輪、70メートル級ジャンプ銀 道内から悼む声相次ぐ /北海道

1972年の札幌冬季五輪スキージャンプ70メートル級で日本がメダル独占、観衆の声援に応える(左から)2位の金野昭次選手、優勝の笠谷幸生選手、3位の青地清二選手=札幌市の宮の森シャンツェで1972年2月6日、中村太郎撮影

 1972年札幌冬季五輪スキージャンプ70メートル級の銀メダリストで、日本勢でメダルを独占して「日の丸飛行隊」と呼ばれた金野昭次さんが5日に75歳で死去したことを受け、道内から悼む声が相次いだ。

 金野さんと同じ北海道拓殖銀行に所属した長野五輪団体の金メダリスト、岡部孝信・雪印メグミルクコーチは「金野さんから『お前のジャンプは俺に似ているから、そのままで頑張れ』と言われたことを覚えており、訃報には本当に驚いた。ご冥…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いっそ営業禁止と言ってほしい」人影途絶えた歌舞伎町 風俗業界も深刻

  2. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  3. 14都道府県26カ所でクラスター発生 東京・兵庫が最多4カ所 厚労省公表

  4. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  5. なぜ布製?どうして2枚? マスク配布に広がる疑問や戸惑い その効果は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです