メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第71回毎日書道展

東北仙台展 県内の入賞作紹介 大字書/刻字/かな /宮城

佳作賞・佐々木藤恵さん

思想や感情も表現 大字書

 大字書は文字の時代性なども含め、漢字本来の持つ表意性を考え抜いた上で、どのような書体(篆(てん)・隷・楷・行・草)であっても、2文字以内で線や空間の構成により造形的に、さらに思想や感情も大切な要素として表現できる分野です。

 ただし、単に漢字を大きく書いて表現するというのではなく、また前衛書のように文字を分解したり再構築したりする創造分野とは異なります。漢字そのものの力を引用しつつ表現するため、漢字の読めない海外の方々にも心に響きやすく、芸術表現として受け入れられやすい表現分野でもあります。

 さて、県内では今年は一般部門から佳作賞が1人。16歳以上23歳以下のU23部門から奨励賞に1人が輝きました。

この記事は有料記事です。

残り1408文字(全文1723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです