メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンベンション過去最多 昨年度321件 誘致結実、新幹線効果も /富山

多くの国際、ブロック規模の会議が開かれる富山国際会議場=富山市で、柳澤一男撮影

 県内で昨年度、開かれた国際規模や全国規模の会議、学会などのコンベンションの件数が321件となり、統計を取り始めた1999年以降、最多だったことが、県などの集計で明らかになった。参加者数も10万8958人で初めて年間10万人を超えた。

 集計したコンベンションは、国内は中部、北陸などブロック規模以上の会合で参加者数が50人以上、国際規模は参加者20人以上でうち外国人が10人以上含まれているケース。昨年度は「インタープリベント(国際防災学会)」や「超新星爆発国際会議」、「全国学校図書館研究大会」などが開かれ、前年度比で件数は25件増、人数は1万5217人増となっ…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  2. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  5. 14歳長女「勇気振り絞りここに」 父がパワハラ自殺「水道局は反省を」 新潟で集会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです