メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公立高入試 学力検査5教科200点 前期選抜2次案 /長野

 2022年春から県内の公立高校入試の前期選抜にも学力検査を導入する改革案を巡り、県教育委員会は10日、教育関係者らの意見を踏まえた第2次案を示し、了承された。現在の中学1年生からが対象。成案は年内の策定を目指している。

 県教委は今年3月に案を公表し、市町村教委や学校関係者らの他、パブリックコメントで意見を募った。「制度が複雑」との指摘を受け、前期選抜の学力検査は全県共通の5教科200点満点に変更し、各教科の配点は県が決める。当初案では国語、社会、英語(リスニングを除く)から基礎的な問題を出題する…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文629文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 再思三省 第78回 ラグビーW杯始まります

  3. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです