メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

故・穐月明さんら作品展 俳句の世界を絵で表現 芭蕉、山頭火ら題材に 伊賀・青山讃頌舎 /三重

展示の準備を進める穐月大介さん=三重県伊賀市別府で、大西康裕撮影

 「絵で観(み)る俳句―穐月(あきづき)明作品でたどる俳句の歴史―」展が14日、伊賀市別府に住んだ水墨画家の故穐月明さんが自宅隣に開いた私設美術館「青山讃頌舎(うたのいえ)」で始まる。松尾芭蕉や正岡子規、種田山頭火らの句や文を題材にして描いた穐月さんの作品を中心に54点を展示する。入館無料。【大西康裕】

 穐月さんは京都から1981年に転居して2016年に美術館を開設したが、17年に87歳で亡くなり、遺…

この記事は有料記事です。

残り577文字(全文779文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです