メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古里の写真集を出版 尾鷲・須賀利出身の世古さん 漁港の景色や細く長い路地などを収録 /三重

 かつて「陸の孤島」と呼ばれ、1982年に県道202号が開通するまでは、巡航船が交通手段だった尾鷲市須賀利町。この地区出身で、現在は奈良市に住む会社員、世古俊太郎さん(61)は、帰省するたびに古里の風景を撮影してきた。「還暦を機に須賀利の移り変わりを写真集に」という思いをかなえ、先月末に「尾鷲の漁村 須賀利」を出版した。「地元の人や古里を離れた人も見てほしい」と語る。

 世古さんがカメラに興味を持ったのは小学生の時。担任から借りたカメラで撮った写真を褒められ、尾鷲高校…

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文819文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです