メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エル君安らかに 木村さんら別れ惜しむ 2代目介助犬、宝塚で葬儀 /兵庫

介助犬エルモ=兵庫県宝塚市の東公民館で2009年11月29日、三村政司撮影

 「エル君、ありがとう」――。日本介助犬使用者の会会長、木村佳友さん(59)=宝塚市=の車椅子生活を支えた2代目介助犬エルモの葬儀が10日、同市御殿山4の宝塚動物霊園で営まれた。家族や支援者ら約20人が参列し、別れを惜しんだ。【生野由佳】

 エルモは、2002年の身体障害者補助犬法成立に貢献した初代シンシアの後を継いで05年12月、介助犬になった。07年の同法改正や、法律の社会的認知を広げる活動に尽力した。14年の引退後は木村家で過ごしていたが今月9日早朝、家族全員に見守られる中で16年8カ月の生涯を閉じた。

 葬儀会場で、ひつぎに納められたエルモの周りには色とりどりの花が添えられ、木村さんと妻美智子さん(5…

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文867文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです