メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見聞録

丸山手工ギター工房(御所市) 設計技術者からの転身 名工が全て1人で製作 /奈良

製作途中の吉野杉のギター。ボディーやネックは完成しており、後は塗装して磨き上げるだけという=奈良県御所市柏原で、稲生陽撮影

 間もなく芸術の秋。古い寺院や紅葉に染まる深山幽谷も多い奈良の地には、洋の東西を問わずクラシックな音楽や楽器が似合いそうだ。御所市柏原の古い住宅街に、全国に知られるクラシックギターの名工がいると聞いて工房を訪れた。【稲生陽】

 職人は丸山利仁さん(64)。元々、機械メーカーの設計技術者だったが、48歳で早期定年退職した。自宅の敷地に「丸山手工ギター工房」を構え、全て手作業でギターを作り続けている。

 「これはクラシックギターで、一般的な欧州産のスプルース材(マツ科の針葉樹)。似ているように見えても、鉄弦を使うフォークギターに使われる米国産のウエスタンレッドシダー(ヒノキ科)とは違うんだ」。原材料の木板や加工途中の部品を示して説明してくれた。

この記事は有料記事です。

残り923文字(全文1245文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇都宮のコンビニで女性刺され重体 店員か

  2. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです