メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県外進学率 42年ぶり“首位”陥落 知事「大学開設で流出抑制を」 /和歌山

 高校生らが県外の大学や短大などに進学する割合が今年、42年ぶりに全国1位から2位になったことが明らかになった。仁坂吉伸知事が10日、開会した県議会で明かした。和歌山市内では大学や学部の開設が相次いでおり、仁坂知事は「高校生の県外流出を大学の開設でさらに抑えることを期待している」と話した。

 文部科学省の統計によると、和歌山の高校…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文408文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  3. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです