メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夕日のある風景多彩に 松江・県美で企画展 /島根

モネの「サン=タドレスの海岸」(右)を鑑賞する来館者たち=松江市袖師町の県立美術館で、鈴木周撮影

 松江市袖師町の県立美術館で、夕日や夕景をテーマにした近代絵画の企画展「黄昏(たそがれ)の絵画たち」が開かれている。印象派のモネやバルビゾン派のルソー、同派の画法に影響を受けたとされる高橋由一ら、主に19~20世紀に活躍した国内外の画家80人による多彩な180点。11月4日まで。

 同館からの眺めが「日本の夕陽(ゆうひ)…

この記事は有料記事です。

残り189文字(全文349文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです