メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子どもたちの伝言

学校現場をみつめて/116 教育が目指すもの 将来の不確実性に備える /四国

 テレビのワイドショーは、毎日同じような内容で、ため息が出てしまいます。最近の新聞のラテ欄(テレビやラジオの番組表)を見ても、各テレビ局は、「日韓関係」「香港デモ」「児童虐待」「あおり運転」を取り上げており、いずれも負の話ばかりです。こうした世の中の動きを知ることは大切なことですが、どうも一定の方向からの見方が多く、ややもすれば、怒りや不満を増幅させるように思われます。特に、日韓問題は多くの時間を割いていますが、何が正しいのか聞けば聞くほど分からなくなってしまうのです。そこで新聞を読んでみるのですが、正確に書こうとしている関係で専門用語が多くなり、読者にとっては理解不能になるのです。こういう現状の中で、子どもたちをどう育てていけばいいのでしょうか。

 9月4日付の毎日新聞朝刊の論点では、「教育改革」を特集していました。そこでは、ノーベル化学賞受賞者…

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文834文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 再思三省 第78回 ラグビーW杯始まります

  3. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです