メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

朝刊の1部売り定価でお願い 来月1日から10円上げ、150円に

[PR]

 駅売店やコンビニエンスストア、毎日新聞販売店などで販売する毎日新聞朝刊の1部売り定価を、10月1日から150円(現行140円=いずれも消費税込み)に改定させていただきます。

 朝刊1部売り定価につきましては2014年1月以来、5年9カ月にわたり据え置いてきました。この間、原料費の高騰などにより製作、流通経費が増えてきております。さらに10月からの消費税率改定は、新聞の月ぎめ購読については軽減税率が適用されますが、1部売りは適用外のため改定の対象となります。朝刊の1部売り定価改定は、こうした状況に対応させていただくものです。月ぎめ定価や夕刊の1部売り定価(50円)は現行通りです。

 読者の皆さまにご負担をおかけすることになり、まことに心苦しい次第です。何とぞ事情をご理解たまわり、今後とも毎日新聞をご愛読くださいますようお願い申し上げます。

 毎日新聞社

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです