メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

朝刊の1部売り定価でお願い 来月1日から10円上げ、150円に

[PR]

 駅売店やコンビニエンスストア、毎日新聞販売店などで販売する毎日新聞朝刊の1部売り定価を、10月1日から150円(現行140円=いずれも消費税込み)に改定させていただきます。

     朝刊1部売り定価につきましては2014年1月以来、5年9カ月にわたり据え置いてきました。この間、原料費の高騰などにより製作、流通経費が増えてきております。さらに10月からの消費税率改定は、新聞の月ぎめ購読については軽減税率が適用されますが、1部売りは適用外のため改定の対象となります。朝刊の1部売り定価改定は、こうした状況に対応させていただくものです。月ぎめ定価や夕刊の1部売り定価(50円)は現行通りです。

     読者の皆さまにご負担をおかけすることになり、まことに心苦しい次第です。何とぞ事情をご理解たまわり、今後とも毎日新聞をご愛読くださいますようお願い申し上げます。

     毎日新聞社

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

    2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

    3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

    4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

    5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです