メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

東日本大震災8年半 福島沖漁業、復興計画 23隻一丸、復活切り札 出漁増やし新人に経験

復興計画策定後、最初の漁を終え水揚げする沖合底引き網漁船の船頭、高橋英智さん=福島県相馬市で、玉城達郎撮影

 東京電力福島第1原発事故の影響で試験操業を続ける福島県漁業協同組合連合会(県漁連)が本格操業を目指し、水揚げの数値目標を掲げた復興計画を初めて策定した。「福島の漁業再生の切り札」とされる計画には、現場に意識改革を促すとともに、水揚げ拡大により仲買人や加工業者の再生を目指す狙いがある。【高橋隆輔、高橋秀郎、乾達】

 カレイやイカがいっぱいに入った大きなたるが漁船から引き揚げられた。2日、福島県相馬市の松川浦漁港。…

この記事は有料記事です。

残り3185文字(全文3392文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです