メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

福島県の漁業の試験操業って? 自粛中、市場評価見定め、水揚げは震災前の15%=回答・高橋隆輔

松川浦漁港に戻る沖合底引き網漁船=福島県相馬市で、玉城達郎撮影

 なるほドリ 福島県で漁業の試験操業(そうぎょう)が続いていると聞いたよ。試験操業って何なの?

 記者 2011年に東京電力福島第1原発(げんぱつ)で事故が起き、福島県の沿岸部で行う漁業は、操業自粛(じしゅく)を続けています。その間に市場の評価などを見定めるために試験的に行う漁を試験操業と呼びます。原発事故以前の「本格操業」と異なり、操業の回数や時間、水揚(あ)げ量といった計画を各地区で漁法ごとに話し合って決めています。

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文715文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです