メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

認知症 新たな国家戦略

鳥羽研二・国立長寿健康医療センター理事長特任補佐=東京都板橋区2019年7月2日、原田啓之撮影

 政府が6月に関係閣僚会議で決定した「認知症施策推進大綱」は、認知症の「予防」を前面に打ち出した。案の段階では、70代人口に占める認知症の人の割合を6年で6%(10年で約1割)減らす目標を盛り込んだが、認知症当事者や家族の反発で取り下げた。議論が噴出した「予防」や、もう一つの柱である「共生」のあり方を考えた。

この記事は有料記事です。

残り4412文字(全文4567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  5. ダブルベッド 武田航平×山本ソニアの「同棲生活」6日目 本音トークを経て、最後の夜は…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです