メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

内閣改造・自民役員人事 首相、側近を重用 西村康、萩生田氏ら 元官房副長官を要職に

 安倍晋三首相(自民党総裁)が11日に行う内閣改造・党役員人事の陣容が固まった。加藤勝信総務会長(63)、萩生田光一幹事長代行(56)、西村康稔官房副長官(56)の官房副長官経験者3氏を入閣させ、第1次安倍内閣で官房副長官を務めた下村博文元文部科学相(65)を党選対委員長に起用し、側近重用が顕著となった。参院幹事長には官房副長官経験者の世耕弘成経済産業相(56)を充てる。身内で脇を固める「守り」の姿勢がにじむ。【飼手勇介、古川宗】

 閣僚19人のうち初入閣は13人で、2012年12月に発足した第2次政権で過去最多となった。初入閣す…

この記事は有料記事です。

残り1211文字(全文1478文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです