メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

読み書きに困難のある人への支援 電子書籍で読書の機会を=岩下恭士(デジタル編集グループ)

視覚障害者用の凹凸のある地球儀を体験する立命館大大学院生の小澤彩果さん(中央)=アレキサンドリア図書館で2019年8月21日、小澤理香さん提供

「最古」図書館で国際会議に参加

 紀元前3世紀に地中海沿岸の国際都市アレクサンドリアに建設され、アルキメデスやエラトステネスら超一流の学者が集った世界最古の図書館が21世紀によみがえった。エジプトのナイル川近くにあるアレクサンドリア図書館だ。

 この先端技術を取り入れた図書館で8月下旬、読書に困難のある人たちをデジタルメディアにより支援する方策を考える国際会議が開かれた。世界138カ国の図書館1300余が加盟する国際図書館連盟(IFLA)や日本の国際協力機構(JICA)などが主催し、貧困や視覚障害・発達障害などのため活字文化を自由に享受できない人たちを支援する各国のNGO(非政府組織)や政府機関などから約100人が参加した。

 会議のテーマは二つ。一つは、従来のように点字や録音図書を原本が出版された後から作るのではなく、電子…

この記事は有料記事です。

残り1678文字(全文2042文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 再思三省 第78回 ラグビーW杯始まります

  3. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです