メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

地域商社の活躍=ローカルファースト研究所代表取締役・関幸子

 地域の雇用増と所得向上を図る組織として、地域商社の存在感が大きくなってきた。地域商社とは、地域の優れた産品・サービスを発見し、磨き組み合わせ、販路開拓し従前以上の収益を引き出す会社のことで、国も地方創生の枠組みの中で設立を後押ししてきた。

 全国の地域商社の中で、長崎県西海市の「西海クリエイティブカンパニー」がユニークな動きを見せている。市と地元地銀の親和銀行等が出資し、収益の柱に電力の小売り事業を置く。安く購入した電気を市に売り、その収益を地域活性化事業に投資している。

 第1弾として、クラウドソーシングサイト運営のランサーズと組んでスキルアップ研修を実施し、地元の主婦が記者を務めるローカル情報発信サイト「ばりぐっど」の運営を開始した。加えて海外で修業して地元に戻った津本真砂幸シェフと組み、クラウドファンディングで資金を集め、大人の男性のためのフレンチソースを開発し販売。この7月には、AI(人工知能)画像処理アプリケーションを開発し、自動で文字起こしを行うアプリ「…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 日産、全契約社員を正社員に 国内拠点の事務職800人弱 4月から

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです