メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

希望新聞

東日本大震災8年半 雄勝の灯、つなぐ若い力 修業積み地域に溶け込む 19歳と24歳、漁師志し移住

佐藤一さん(奧)の「大洋丸」にホタテを引き上げる作業を終えて港に戻る時間は冨樫翔さん(手前)と三浦大輝さん(左)にとって「ちょっと一息つける時」。朝焼けの光を浴びながら、好きな筋トレや車の話に興じていた=宮城県石巻市雄勝町で2019年8月26日、和田大典撮影

 東日本大震災で宮城県石巻市雄勝(おがつ)地域は津波に襲われ、243人が犠牲になった。あれから8年半。雄勝湾では防潮堤(高さ5~10メートル)の建設が進み、多くの住民は高台に移転した。一方で人口は震災前(2010年)の7割減となる中、漁師を志す若者2人が県外から移住し、地域の「担い手」となっている。船を流されながらも漁業を再開した親方の下、2人は一人前になる日を夢見て、修業を積んでいる。【藤田花、写真・和田大典】

 夜明け前の雄勝湾に、漁船のエンジン音が響く。親方の佐藤一(はじめ)さん(49)の操縦する「大洋丸」…

この記事は有料記事です。

残り1556文字(全文1814文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 再思三省 第78回 ラグビーW杯始まります

  3. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです