メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

英語民間試験、反対投稿に文科相異議 高校生は政治議論禁止!? 専門家「飛躍しすぎ」

閣議に向かう柴山昌彦文部科学相=首相官邸で10日、川田雅浩撮影

 <access>

 柴山昌彦文部科学相が9日、前回参院選の際に昼休みに安倍晋三政権の問題について話したという高校生のツイートに「未成年の選挙運動は禁止されている」と異議を唱えたことが波紋を呼んでいる。柴山氏は、高校生に対して安倍政権に投票しないよう呼びかけた教員にも、教員の選挙運動を禁じた公職選挙法137条の「(違反)誘発につながる」と警告した。本当に違法なのか。【吉井理記】

 発端は、2020年度の大学入試への英語民間検定試験導入を巡る柴山氏のツイートに、教員や高校生を名乗…

この記事は有料記事です。

残り1082文字(全文1321文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです