メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

英語民間試験、反対投稿に文科相異議 高校生は政治議論禁止!? 専門家「飛躍しすぎ」

閣議に向かう柴山昌彦文部科学相=首相官邸で10日、川田雅浩撮影

 <access>

 柴山昌彦文部科学相が9日、前回参院選の際に昼休みに安倍晋三政権の問題について話したという高校生のツイートに「未成年の選挙運動は禁止されている」と異議を唱えたことが波紋を呼んでいる。柴山氏は、高校生に対して安倍政権に投票しないよう呼びかけた教員にも、教員の選挙運動を禁じた公職選挙法137条の「(違反)誘発につながる」と警告した。本当に違法なのか。【吉井理記】

 発端は、2020年度の大学入試への英語民間検定試験導入を巡る柴山氏のツイートに、教員や高校生を名乗…

この記事は有料記事です。

残り1082文字(全文1321文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 「消費増税ストップ!」 導入反対デモに600人 野党増税反対で一致

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです