メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

離脱延期法成立 なお混迷 英首相の強硬策、失速

 欧州連合(EU)からの「合意なき離脱」を辞さない構えで早期の離脱強行を訴える英国のジョンソン首相と、英議会の「反ジョンソン勢力」との対決は、9日に「離脱延期法」が成立したことでジョンソン氏がひとまず「敗北」した。10月末の離脱期限が延期され、「合意なき離脱」は回避される公算が大きくなった。だが、ジョンソン氏による延期阻止のシナリオもまだ残り、混迷はなお続きそうだ。

 「首相による5週間もの議会閉会は憲法違反ではないが、極めて異例で大きな怒りを生んだ。造反議員の除名もばかげたことで、(首相側の強気の戦術への)反発がその(議会での大差の敗北の)一因となった」。保守党メージャー政権(1990~97年)で外相を務めたマルコム・リフキンド氏は10日、毎日新聞の取材に応じ、ジョンソン氏の「敗因」についてこう語った。

この記事は有料記事です。

残り2382文字(全文2738文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです