メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・環境

CO2吸収へ森林管理を 光合成パワーも樹齢で衰え

住友林業のスギの皆伐地。手前は作業道、奥は伐採前のスギ林=高知県大川村で2019年6月27日、渡辺諒撮影

 地球温暖化対策では、大気中の二酸化炭素(CO2)を吸収する森林の適切な管理が欠かせない。国内で手入れが行き届かない森林も多い中、積極的な整備に取り組む現場を取材し、吸収源保護の必要性について考えた。

 ●伐採と植林

 6月下旬、高知県大川村を訪ねた。森林を貫く林道を車で上ると、突然、視界が開ける。樹齢87年のスギを約2・2ヘクタールにわたり全て伐採(皆伐(かいばつ))した住友林業(東京都)の社有林だ。近くの斜面では、皆伐地に数年前、手作業で苗木を植えたというスギが高さ約1メートルに育っていた。

 2・2ヘクタールの皆伐地を前にして、同社新居浜(にいはま)山林事業所(愛媛県新居浜市)の矢野弘芳・副所長は「機械化で作業コストを下げ、適切な時期に皆伐して植えるサイクルを続けたい」と話した。高知県本山町にはスギやヒノキの苗木を年約30万本生産できる同社の育苗センターがある。この皆伐地では今夏、植林に向けた作業が進められた。

この記事は有料記事です。

残り1115文字(全文1526文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 「このままでは餓死」失職労働者、都市部から歩いて故郷へ 感染拡大懸念 全土封鎖のインド

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです