メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

賢い選択

ポリファーマシー/3 薬代が重荷、生活の質低下

薬を減らす手順の一例

 ポリファーマシー(多剤処方)は、服用に伴う有害症状など健康面で不利益をもたらすだけでなく、不必要な服用を何年も続けさせ患者に過大な費用を負担させることもある。確かな医療を紹介するシリーズ「賢い選択」の3回目は、ポリファーマシーと経済負担との関係について取り上げる。

 ●自己負担、月1万円

 奈良県三郷町のやわらぎクリニックに、大学病院から80歳の男性が紹介された。男性は余命数カ月と告知を受けていて、住み慣れた自宅で過ごすことを希望した。在宅での主治医となった北和也院長は、訪問看護やリハビリを提案したが、男性は望まなかった。男性の内服薬は11種もあり、うち肺炎予防のための薬の自己負担額が月に1万円もかかっていて、費用のかかる訪問看護をためらっていた。

 北院長は、男性や家族、大学病院の主治医らと相談し、肺炎予防より訪問看護とリハビリを優先することを勧…

この記事は有料記事です。

残り979文字(全文1356文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです