メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山は博物館

それは戦時下だった/18止 霧ケ峰愛したお天気博士

元祖「お天気博士」の藤原咲平氏=「藤原咲平伝 渦・雲・人」から

 <くらしナビ・環境>

 気象の研究や予報業務の発展に尽くした元祖「お天気博士」の藤原咲平(ふじはらさくへい)氏(1884~1950年)は太平洋戦争中、中央気象台長(現・気象庁長官)として戦争に協力し、戦後に公職追放された。終戦から5年後、失意のうちに病死するまで心にいつもあったのは、長野県上諏訪町(現・諏訪市)の生家に近い霧ケ峰高原(長野県)。病床で「霧ケ峰の水が飲みたい」とつぶやいた。

 「草に臥(ね)て青空みれば天と地と我との外に何物もなし」。藤原氏の功績をたたえ、その短歌を刻んだ記…

この記事は有料記事です。

残り1447文字(全文1692文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです