メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

精神障害者へ「就労パスポート」 企業側と特性など情報共有 定着率向上へ厚労省、今秋にも発行

民間企業で働く障害者数の推移

 精神疾患がある障害者の就労が進む中、仕事に就くだけでなく定着率を高めることが課題の一つになっている。それを支援しようと厚生労働省は今秋にも、一人一人の障害特性などを企業や支援関係者で共有しやすくする「就労パスポート」を発行する予定だ。得意なことや苦手なこと、働くのにどんな配慮が必要かなどを事業主側に把握してもらうことで、採用時のミスマッチを防ぐ狙いがある。【梅田啓祐】

 「職場になじめなかったので辞めた」。20代の頃から統合失調症を患う長崎県佐世保市の男性(55)は、…

この記事は有料記事です。

残り1517文字(全文1753文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 18メートルの動く実物大ガンダム 10月1日横浜に立つ 山下ふ頭で1年間

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  5. 高速道路で可搬式オービス運用 四国初 愛媛県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです