メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東都大学野球 秋季リーグ戦 開幕 東洋大初戦勝利

無四球完封した東洋大の村上

 東都大学野球秋季リーグ戦が10日、神宮で開幕した。2季連続優勝を狙う東洋大は村上(3年・智弁学園)が完封し、立正大に先勝した。

村上、無四球完封

 東洋大のエース村上(3年・智弁学園)がリーグ戦通算10勝目を無四球完封で飾った。今夏、改良したスライダーを効果的に織り交ぜて12奪三振。「投球の幅が広がった」と収穫を口にした。

 「直球が走らず、状態は良くなかった」という。1点リードの九回1死一塁で、立正大の3番・平田(4年・立正大淞南)を迎えた。カウント2―2から低めのスライダーを振らせて三振。二盗を決められたが、次打者を打ち取り、結局、被安打5、三塁を踏ませなかった。

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この国に、女優・木内みどりがいた <21>DON’T FORGET FUKUSHIMA

  2. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです