サーフィン ワールドゲームズ 五十嵐と大原が1位で2回戦へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 来夏の東京五輪出場権がかかるサーフィンのワールドゲームズ(WG)第4日が10日、宮崎市の木崎浜海岸で行われた。男子1回戦は36組中28組まで消化し、五十嵐カノア(木下グループ)と大原洋人はともに1位で2回戦へ進んだ。女子はソフィア・ムラノビッチ(ペルー)が優勝した。

波見極め逆転

 誰もが緊張するはずの初戦だが、五十嵐は冷静に海を見つめていた。残り3分でト…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

あわせて読みたい

ニュース特集