メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サーフィン ワールドゲームズ 五十嵐と大原が1位で2回戦へ

 来夏の東京五輪出場権がかかるサーフィンのワールドゲームズ(WG)第4日が10日、宮崎市の木崎浜海岸で行われた。男子1回戦は36組中28組まで消化し、五十嵐カノア(木下グループ)と大原洋人はともに1位で2回戦へ進んだ。女子はソフィア・ムラノビッチ(ペルー)が優勝した。

波見極め逆転

 誰もが緊張するはずの初戦だが、五十嵐は冷静に海を見つめていた。残り3分でト…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  3. 羽生、巻き返しへの一手は? フィギュアGPファイナル 今季後半へ手応えも

  4. 診療所のクマ、冬眠中の親子か 3頭を捕獲、けが人なし 新潟

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです