メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風15号 千葉停電、市民受難 給水に1000人以上列 「熱中症」50人搬送、2人死亡

 台風15号で大きな被害を受けた千葉県内では10日も停電や断水が続いた。停電は全54市町村のうち西部を除く43市町村に及んでいる。県内の複数地点で最高気温が35度を超え、市民生活に大きな影響を与えている。【金沢衛、橋本利昭、上遠野健一、町田徳丈】

 気象庁は、11日の同県内の最高気温を31~33度と予想している。

 県によると、熱中症の疑いのある搬送者は、今月に入り9日まで1日平均約15人だったが、10日は死者2人を含む50人に上った。停電エリアに入る南房総市に住む女性(93)は午後3時ごろ、自宅の布団の上にあおむけとなり意識不明の状態で家族に発見され、約1時間半後に死亡が確認された。同じく停電エリアの市原市の男性(65)は午後5時半ごろ、自宅で意識不明の状態で倒れているところを帰宅した妻に発見され、約2時…

この記事は有料記事です。

残り1282文字(全文1638文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 「今年の子ども」に15歳少女 いじめ関連単語の変換アプリ開発 米誌タイム初選出

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  5. 大飯原発の設置許可取り消し 住民ら原告側勝訴 大阪地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです