メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

声出せぬ、フリーランス 「補償一切ない」 団体調査

フリーランス時代に性暴力を受けたと記者会見で訴える八幡真弓さん=東京都千代田区で10日、矢澤秀範撮影

 雇用されず個人で仕事を請け負うフリーランスの人たちで作る3団体は10日、仕事に伴うハラスメント被害の実態調査結果を発表した。6割がパワーハラスメント、4割近くがセクシュアルハラスメントを受けたと回答し、約半数が被害を誰にも相談できていなかった。職場でのハラスメント防止は5月に法整備されたばかりだが、フリーランスの立場は保護の対象外となっている。働き方が多様化する中、さまざまな職種に応じた対策が求められる。【矢澤秀範、梅田啓祐】

この記事は有料記事です。

残り2503文字(全文2719文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 菅首相「最終的には生活保護」 新型コロナでの困窮者支援で持論、野党から批判

  5. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです