メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

追跡 米50州・地域、グーグル調査 広告・検索 独禁法違反疑い

 全米48州とワシントン特別区、自治領プエルトリコの司法当局は9日、米アルファベット傘下のグーグルに対し独占禁止法(反トラスト法)違反の疑いで調査を始めたと発表した。グーグルの本社がある米カリフォルニア州とアラバマ州を除く全ての州が調査に参画する。グーグルやフェイスブックなど「GAFA」と呼ばれる巨大IT企業の市場支配力に対する懸念が広がっており、米連邦政府、議会に続き、州当局も監視の姿勢を強めている。

 各州の調査を主導するテキサス州のパクストン司法長官は9日、ワシントンで記者会見し、グーグルを調査対…

この記事は有料記事です。

残り2027文字(全文2280文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御嶽海が2回目の優勝 決定戦制す 大相撲秋場所

  2. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  3. 宮崎で竜巻か 車が横転、屋根も飛ぶ 5510戸が停電

  4. 新宿・歌舞伎町 ホストの街に散る命--事件記者ルポ

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです