メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

親水公園、くぼみ10メートル大 高槻水難現場、大阪府「把握せず」

事故現場では、既存の看板の下に「川に気をつけて」と書かれた看板が新たに設置された=大阪府高槻市で2019年9月10日午後1時36分、土田暁彦撮影

 大阪府高槻市の芥川で川遊びをしていた小学生のきょうだい3人と祖父が溺れ、男児と祖父が死亡した事故で、4人が溺れたくぼみは幅約10メートル、長さ約10メートルの広範囲にわたっていたことが府への取材で明らかになった。現場付近は、児童らが川に入ることを前提にした親水公園だが、府は「くぼみの存在を把握していなかった」としている。事故を受け、府は10日、親水公園などがある府内の43河川の緊急点検を始めた。

 事故は今月7日午後に起きた。城津(しろつ)国清さん(73)=高槻市芝生町=と、孫の小学2年、岸下(きしした)太紀さん(7)=同府茨木市下穂積=が溺れて死亡した。男児の姉2人も意識不明の重体。

この記事は有料記事です。

残り980文字(全文1276文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  3. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. 新型コロナ コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです