メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯20日開幕 グラバーが築いた絆 古里スコットランド 160年の友情、長崎到着

地元幼稚園児の歓迎に応え、サイン入りラグビーボールを手渡すスコットランド代表選手=長崎県大村市の長崎空港で2019年9月10日

 20日開幕するラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会を前に、出場国・地域が続々と到着し、事前合宿を始めている。地域活性化や国際交流に役立つと誘致に励んできた各自治体の成功の陰には、日本に移り住んだ先人との強い絆や、元選手による「橋渡し」があった。【浅野翔太郎、中村聡也】

 10日、長崎空港で地元幼稚園児らの出迎えを受け、長崎市で事前合宿に入ったスコットランドは、幕末の長崎を拠点に活躍し、造船業、炭鉱開発など日本近代化の礎を築いた英国商人、トーマス・グラバーの古里だ。生地の旧実家に掲げられた銘板では「スコットランドのサムライ」と紹介され、市内に残る「旧グラバー住宅」は、現存する国内最古の木造洋風建築で、世界文化遺産でもある。

 「グラバーの存在はスコットランドと長崎が歴史的なつながりを持ち、二つの文化が協働できると示す良い例…

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文983文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 池袋ホテル殺人 容疑者、SNSで自殺志願者募る

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです