メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現状維持内閣、生活感覚ゼロ内閣、バーベキュー内閣…「安定と挑戦」よくよく見てみると

三浦瑠麗さん=三浦さん提供

 安倍晋三首相が「安定と挑戦」が特徴と表現した今回の改造内閣の顔ぶれを、識者はどう感じたか。3人に名前を付けてもらった。【曽田拓】

「忠誠心に応じたラインアップ」

 国際政治学者の三浦瑠麗さんは「現状維持内閣」と命名した。自民党役員人事も含め、「安倍さんに近い人が多く、忠誠心に応じたラインアップだ。次期総裁候補を競わせつつ、誰も頭一つ抜け出させていない布陣になっている」と評する。

 大臣の顔ぶれについては「『このポジションは、この人でないと』というのは(副総理兼財務相の)麻生太郎さんぐらい。厚労相や外相、防衛相は能吏タイプでローテーションが可能という印象」とみる。

この記事は有料記事です。

残り808文字(全文1090文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 重症者最多934人

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  4. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  5. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです