メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

iPhone11発表 普及モデルは処理能力を向上も昨年より価格抑える

[PR]

アイフォーンの新機種「11Pro(イレブンプロ)」を発表するティム・クック最高経営責任者(CEO)=米カリフォルニア州のアップル本社で9月10日、中井正裕撮影

 米アップルは10日、米カリフォルニア州のアップル本社で開いた新製品発表会で、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新商品3機種を発表した。普及モデルの「11」の価格は7万4800円(税別)と、昨年投入したモデルより低価格に設定した。いずれも13日午後9時から注文を受け付け、20日に発売する。

 上位機種の「11Pro(イレブンプロ)」と「11ProMax(イレブンプロマックス)」はそれぞれ5・8インチと6・5インチの有機EL画面。背面に三つのカメラを搭載し、超広角撮影などカメラ・ビデオ撮影機能を高めた。価格はそれぞれ10万6800円(同)、11万9800円(同)から。

アップルが10日発表した新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)11Pro(イレブンプロ)」=米カリフォルニア州のアップル本社で9月10日、中井正裕撮影

 普及モデルの「11」は6・1インチの液晶画面。価格は昨年投入した普及機「10R(テンアール)」の発売時(8万4800円から)より抑えた。3機種はいずれも新型プロセッサーを搭載し、情報画像処理能力を向上。従来より高精度の動画やゲームが楽しめるようになった。

 また、3月に発表したゲーム配信サービス「アップルアーケード」を今月19日に始めるほか、オリジナル番組を配信する動画サービス「アップルTV+(プラス)」を11月1日に開始すると発表した。利用料はいずれも月額600円。【クパチーノ(米カリフォルニア州)中井正裕】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  2. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  5. ORICON NEWS 山口真帆、卒業後初TVでマカオ旅を満喫 タイプの男性は「自分に厳しく頑張ってる人」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです