メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金融庁、かんぽ生命と日本郵便に立ち入り検査 不正販売問題で

かんぽ生命

 かんぽ生命保険の不正販売問題を巡り、金融庁は11日午前、保険業法に基づき、かんぽ生命と、全国の郵便局で販売を担う日本郵便の立ち入り検査を始めた。顧客に不利益を与えたとされる保険販売の実態を解明し、組織的な問題がなかったかを調べる。悪質と判断した場合は業務改善命令などの行政処分を検討する。年内をめどに結論を出す方針だ。

 かんぽ生命と日本郵便は、保険料の二重支払いなど顧客に不利益を与えた可能性がある約18万3000件を「特定事案」と位置づけ、契約時の説明に問題がなかったか確認作業をしている。この他の3000万件近くの全契約についても調査を進め、9月末に中間報告を公表する予定だ。

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文619文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 新たな感染者195人 2日連続で100人超える 新型コロナ

  2. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

  3. 近鉄南大阪線で電車の窓ガラス破損相次ぐ 原因不明

  4. かわいさにメロメロ スナネコの赤ちゃん公開 神戸どうぶつ王国

  5. 村上春樹をめぐるメモらんだむ 影響を感じさせる「愛読書」を翻訳 村上さんが「菅ちゃん」と呼んだわけ=完全版

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです