メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州の空港 1カ月で韓国路線2割近く急減 日韓関係の悪化で

九州で就航する韓国路線の減少について説明する九州運輸局の岩月理浩局長=福岡市で2019年9月10日午後3時28分、浅川大樹撮影

 九州運輸局は10日、九州で就航する旅客機の韓国路線が8月末時点で週228便となり、前月末比で19%の減少になったと明らかにした。日韓関係の悪化に伴う韓国人の訪日客減少を受け、格安航空会社(LCC)を中心に運休や減便が相次いでおり、1カ月で2割近くも急減した形だ。

 アジアに地理的に近い九州を訪れる訪日客…

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文381文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです