メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企業景況感3期ぶりプラス 7~9月 駆け込み需要も

財務省=東京都千代田区で、小林祥晃撮影

 財務省と内閣府が11日発表した7~9月期の法人企業景気予測調査は、大企業の全産業の景況判断指数(BSI)がプラス1・1となり、3四半期ぶりに「上昇」が「下降」を上回った。非製造業がプラス1・8と、2四半期ぶりのプラスだった。小売業で大型テレビやエアコンなどの高額商品の販売が伸び、10月に予定される消費税増税前の駆け込み需要も寄与したとみられる。

 一方、製造業はマイナス0・2と、3四半期連続のマイナスだった。米中貿易摩擦に伴う中国経済の減速を受…

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文642文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです