メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金融庁検査、数カ月か かんぽ生保不正販売 経営責任など焦点に

 かんぽ生命保険の不正販売問題を巡り、金融庁は11日、かんぽ生命と、全国の郵便局で販売を担う日本郵便に対し、保険業法に基づく立ち入り検査を始めた。悪質と判断した場合は行政処分に踏み切る。検査は数カ月に及ぶ見通しで、年内をめどに結論を出す方針。

 麻生太郎金融担当相は11日の会見で「信頼関係の態勢を立て直すのが一番だ」と指摘。契約者の信頼回復を最優先すべきだとの考えを強調した。かんぽ生命も同日「金融庁の検査に対して真摯(しんし)に対応し、一日でも早い信頼回復に努めたい」とのコメントを発表した。

 かんぽ生命と日本郵便は、保険料の二重徴収など顧客に不利益を与えた可能性がある約18万3000件を「…

この記事は有料記事です。

残り1274文字(全文1571文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 郵政副社長 NHKのかんぽ問題取材は「放送倫理違反」 参院予算委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです