メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金融庁検査、数カ月か かんぽ生保不正販売 経営責任など焦点に

 かんぽ生命保険の不正販売問題を巡り、金融庁は11日、かんぽ生命と、全国の郵便局で販売を担う日本郵便に対し、保険業法に基づく立ち入り検査を始めた。悪質と判断した場合は行政処分に踏み切る。検査は数カ月に及ぶ見通しで、年内をめどに結論を出す方針。

 麻生太郎金融担当相は11日の会見で「信頼関係の態勢を立て直すのが一番だ」と指摘。契約者の信頼回復を最優先すべきだとの考えを強調した。かんぽ生命も同日「金融庁の検査に対して真摯(しんし)に対応し、一日でも早い信頼回復に努めたい」とのコメントを発表した。

 かんぽ生命と日本郵便は、保険料の二重徴収など顧客に不利益を与えた可能性がある約18万3000件を「…

この記事は有料記事です。

残り1274文字(全文1571文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. 維新の大阪・松原市議 本会議欠席して妻と沖縄旅行 体調不良を理由に

  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

  4. 台風通過後、「陸の孤島」となった成田空港に響く歌声 足止めのスロバキア合唱団

  5. 松井・大阪市長「汚染処理水の受け入れ」可能性に言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです