メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宗教行事で31人死亡、折り重なって倒れ イラク中部カルバラ

 10日、イラク中部カルバラでイスラム教シーア派の行事「アシュラ」に参加する人々(ロイター=共同)

[PR]

 イラク中部カルバラで10日、イスラム教シーア派最大の宗教行事「アシュラ」に参加した市民が折り重なって倒れるなどし、31人が死亡した。国営イラク通信が伝えた。100人以上が負傷しており、死傷者は増える可能性がある。行事のため約400万人がカルバラを訪れていた。

 AP通信などによると、死亡者は聖廟の出入り口付近に集中。行事の一環で、数万人の参加者が聖廟に入ろうと走って押し寄せ、入り口で倒れ込むなどしたとみられる。

 カルバラはシーア派の聖地。アシュラはシーア派のイマーム(指導者)フセインの死を悼む行事。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです