メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領、最強硬派のボルトン補佐官解任 安全保障政策に影響か

ジョン・ボルトン前大統領補佐官=高本耕太撮影

 トランプ米大統領は10日、ツイッターでボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を解任したと表明した。「彼の提案の多くに全く同意していなかった。政権内の他の人たちもそうだったので辞任するよう求めた」と説明し、ボルトン氏の考えに不満を持っていたことを明らかにした。9日夜に「もう必要ない」と本人に伝え、10日朝、辞表を受理。後任の大統領補佐官については来週、指名する。

 ただ、ボルトン氏のツイッターによると、9日夜に自ら辞意を伝え、トランプ氏は「あす話し合おう」と応じ…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文527文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです